© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

信楽焼とは日本六古窯のひとつです。

六古窯とは中世に始まった代表的な6つの陶器産地(越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前)の総称であり、日本の文化・伝統を語る文化財「日本遺産」でもあります。

信楽では中世より窖窯(あながま)によって壺、甕、擂鉢などの焼き物づくりが始められ、陶器産地としての歴史が展開してきました。

信楽焼は、滋賀県の南、三重県との県境に近い滋賀県甲賀市信楽町で作られています。信楽は茶の湯の中核として発展した京都、奈良に隣接しており、室町・桃山時代以降、茶人をはじめとする文化人に信楽焼は親しまれ、珍重されてきました。

信楽焼の土は約400万年前、この地にあった琵琶湖の湖底に堆積してできた古琵琶湖層から採られています。質が良いことで名高く、珪石や長石が多く混じっているために、独特の肌の荒さを生みだします。この土を生かし、釉薬を掛けずに焼き締める陶器が生産されてきました。

信楽焼は、土中の鉄分が赤く発色する火色や、窯のなかで炎の勢いで灰が溶けて釉薬と化す自然降灰釉(ビードロ釉)の付着、また、薪の灰に埋まり黒褐色になる「焦げ」も含めた、窯変が見られます。

炎が生み出す独特の焼き上がりが信楽焼独特の野趣あふれる肌と温かみのある陶器を生み出しています。

信楽焼の土味、つまり肌の風合いは、素朴さのなかに、日本人の風情を表現したものとして、茶道の隆盛とともに「茶陶信楽」として千利休ら、いにしえの茶人にも愛され、珍重されてきました。未完成なものが織りなす美、謙虚さが織りなす芸術として、信楽焼は“わびさび”の趣を今に伝えています。